空族プロフィール

2004年、「作りたい映画を勝手に作り、勝手に上映する」をモットーに、"空族"を名のり結成された映像制作集団。中心人物は富田克也(監督・脚本)・相澤虎之助(共同脚本)。常識にとらわれない、毎回長期間に及ぶ独特の映画制作スタイル、配給・宣伝も自ら行い、作品はすべて"未ソフト化"という独自路線をひた走る。テーマは日本に留まらず、広くアジアを見据えている。

今回の上映作以外の主要作品に『雲の上』(2003年・富田克也監督)、『国道20号線』(2007年・富田克也監督)、『バビロン2-THE OZAWA-』(2012年・相澤虎之助監督)、『チェンライの娘』(2012年・富田克也監督)、『映画 潜行一千里』(2017年・向山正洋監督・映画バンコクナイツのドキュメンタリー作品)などがある。

空族公式ホームページ https://www.kuzoku.com/


富田克也 Katsura Tomita

1972年山梨県生まれ。音楽の道を志し上京するが、いつしか自身で映画を撮りたいと思うようになる。都内で配送業に従事しながら8mmで制作した『雲の上』が"映画美学校映画祭2004"にて最優秀スカラシップを獲得。これをもとに2007年『国道20号線』を制作・発表。2011年『サウダーヂ』で国際的評価を得、国内でも高崎映画祭最優秀作品賞、毎日映画コンクール優秀作品賞&監督賞をW受賞。その後フランスでも全国公開された。また構想10年を費やした『バンコクナイツ』では撮影前に一年間タイに住み、現地の言葉を習得。自らが主人公オザワ役を演じている。


相澤虎之助 Toranosuke Aizawa

1974年埼玉県生まれ。早稲田大学シネマ研究会を経て空族に参加。1997年の監督作、『花物語バビロン』 が山形国際ドキュメンタリー映画祭にて上映。空族結成以来、『国道20号線』、『サウダーヂ』、『バンコクナイツ』と、富田監督作品の共同脚本を務める。監督最新作は自身のライフワーク東南アジア三部作の第二弾『バビロン2-THE OZAWA-』(2012) また脚本を手がけた『菊とギロチン』(瀬々敬久監督)が、2018年キネマ旬報日本映画ベスト第2位、日本映画脚本賞に選ばれる。