『サウダーヂ』(2011年/日本 / 35㎜ / 167分)

仏ナント三大陸映画祭グランプリを獲得したインディペンデント映画の金字塔!

土方、移民、HIPHOP  地方都市・甲府の真実とは!?

《解説》

日本のロードサイドを描いた衝撃の問題作『国道20号線』から4年。東日本大震災の起こった2011年公開され、のちに"空族"の名を世界に知らしめた出世作。山梨県甲府を舞台に、不況に喘ぐ地方都市で顕在化した日本の社会構造と、一年以上に及ぶ地元の仲間たちとのリサーチのなか出会い「この人たちと映画を創ろう」と撮影に向かった、日系ブラジル人、タイ人をはじめとするアジア人、派遣労働者たちの懸命に生きる剥き出しの"生"を、リアルかつエネルギッシュに活写した一大群像劇。HIPHOPクルー役で出演した、実際にラッパーとして活躍中の田我流(でんがりゅう)の演技も話題となる

《物語》

"Saudade" 郷愁、憧憬、思慕。切なくも、追い求めつつ、叶わぬもの____。山梨県甲府。人通りもまばらな中心街、シャッター通り、不況の土木建築業。HIPHOPグループ「アーミービレッジ」のクルー猛は"派遣"で土方として働き始める。猛は現場で土方ひとすじに生きてきた精司や、同じく派遣されてきたタイ帰りだという保坂に出会う。仕事帰りにタイパブに連れていかれた場で盛り上がる精司や保坂に違和感を覚え、徐々に外国人を敵視するようになる猛。そんななか猛は日系ブラジル人デニス率いるHIPHOPグループ「スモールパーク」の存在を知る。そして日本人と日系ブラジル人二つのHIPHOPグループが競い合うパーティーの夜が始まる・・・。

キャスト 鷹野毅 伊藤仁 田我流 川瀬陽太  尾崎愛 ディーチャイ・パウイーナ 工藤千枝 デニス・オリヴェイラ デ 浜津 中島朋人(鉄割アルバトロスケット) Stillichimiya 川瀬陽太 宮台真司

スタッフ 監督:富田克也 脚本:相澤虎之助/富田克也 撮影:高野貴子 録音・音響効果:山﨑巌 助監督:河上健太郎 編集:富田克也/高野貴子 エクゼクティブプロデューサー:笹本貴之 プロデューサー:伊達浩太朗 富田智美 製作:空族/『サウダーヂ』製作委員会 配給:空族